傷つかないように守りに入る女性は攻撃的?

婚活成功の秘訣

誰でも傷つくのは怖いものです。

特に、過去の恋愛で男性にだまされたり傷つけられたりした経験を持つ女性はなおさらです。

しかし、過去と同じように傷つくのが怖いからといって、周りの男性に必要以上に冷たく接していないでしょうか?

例えば週末何をして過ごしたか話を振られて、

『別に何も。普通です』

と会話を終わらせてしまったり、結婚を考えているか尋ねられて

『今は考えていません。好きなタイプも特にありません』

などのように心を閉ざした受け答えをしていませんか?

何度も恋愛を経験していたり、結婚話に敏感な時期の女性にとってあまり踏み込まれたくない話題ではあるので、多くの人がそっけなくなりがちです。

しかし、このようにプライベートなことを公開しない女性は男性にとって非常に壁を感じ、攻撃されているように思ってしまいます。

男性が取り付く島もなくあっさりと質問を返すような隙のない女性は、周囲の人間に向けて自分に近づいてほしくないという信号を出してしまっているのです。

過剰に守りに入ることはその反面、攻撃的に捉えられてしまいます。

プライベートを完全にシャットアウトせず、普段の生活や少し失敗した話などを垣間見せる「隙のある女性」になることで、守ってあげたいという男性の心理をくすぐることができるでしょう。

読み上げ時間:約84秒/斜め読み時間:約18秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

婚活の知っておきたい!基礎知識

婚活を頑張ってみよう!と一念発起。さぁ何からはじめましょうか?誰に相談しましょうか?女性にとって、結婚とは一世一代のこと。インターネットが盛んな時代ですが、本当の婚活(結婚相談)の為の知識や、準備のこと、結婚相談所を利用する場合に婚活(結婚相談)イット!がお役に立つ情報を随時更新します。幸せな結婚、あきらめないで下さい。