パートナー選びに重要なのは恋愛感情ではない?

婚活成功の秘訣

結婚相手を決めるのに大事なことは、実は恋愛感情ではありません。

もちろん恋人として付き合うのに必要ではありますが、これから一生をともに過ごすパートナーとして相手を選ぶとき、恋愛感情以外の部分こそが重要になってきます。

つまり、その恋愛感情がなくなっても相手を尊敬できるかどうかです。

実際、恋人としての感情はほとんどが結婚して数年でなくなるのが現実です。そうなったときに、人として相手を好きでいられるかどうかなのです。

行動や考え方に無理に納得するのではなく、自然と尊敬できる人物なのかを見直してみましょう。

宗教についてや、子育てに関しての考え方など、人生において重要な価値観が合っていれば、恋愛を抜きにしても相手のことを尊敬し居心地よく感じられるはずです。

一番大切なのは自分が不幸にならない選択をすることです。

「より良いパートナー」を選ぼうとすればキリがありません。「もっといい相手」は常に存在するからです。しかし、その人と結婚できるかとは話が別です。

三十歳を超えて、これは不幸にはならない選択だと確信が持てたなら迷わず決断しましょう。

結婚が恋愛の延長線上にあることは否定できませんが、知人から恋人になることと、恋人から夫婦になることは全くの別物なのです。

読み上げ時間:約86秒/斜め読み時間:約19秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

婚活の知っておきたい!基礎知識

婚活を頑張ってみよう!と一念発起。さぁ何からはじめましょうか?誰に相談しましょうか?女性にとって、結婚とは一世一代のこと。インターネットが盛んな時代ですが、本当の婚活(結婚相談)の為の知識や、準備のこと、結婚相談所を利用する場合に婚活(結婚相談)イット!がお役に立つ情報を随時更新します。幸せな結婚、あきらめないで下さい。