「市場価値」に敏感でいないと婚期が遅れる!

婚活成功の秘訣

婚期の遅れというのは例えば見た目がさえないからとか、趣味や仕事に没頭しすぎるからだとかいう理由だけではありません。

なかなか結婚にたどり着かない女性は、その多くが婚活市場における自分の「市場価値」に目を向けていない、つまり

「市場価値が落ちていることに気づいていない」

のです。

年齢が上がると、すぐには結婚を考えていない男性から敬遠されるようになります。付き合ってすぐに結婚を迫られると思うからです。


声をかけられることが減れば、自然と自分の価値が落ちていることを知るでしょう。

しかし、見た目が綺麗な女性は変わらずアプローチされます。それは主に結婚というより恋愛を楽しみたい男性からであることが多いですが、若い頃と変わらずモテてしまうので、婚活市場で自分の価値が落ちていることに気づけないのです。

また、ほとんど恋愛経験が無い女性は妄想の中で恋愛をしている場合が多く、同じ男性のことを思い続けていたり職場の男性と話すだけで恋愛気分になってしまったりするので、自分の市場価値が落ちていても気づきようがありません。モテなくなる感覚がわからないからです。

常に恋愛の前線に立って自分の市場価値に敏感であれば、その価値が落ち始めたときも不安を動力にエンジンをかけることができるでしょう。

読み上げ時間:約88秒/斜め読み時間:約15秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

婚活の知っておきたい!基礎知識

婚活を頑張ってみよう!と一念発起。さぁ何からはじめましょうか?誰に相談しましょうか?女性にとって、結婚とは一世一代のこと。インターネットが盛んな時代ですが、本当の婚活(結婚相談)の為の知識や、準備のこと、結婚相談所を利用する場合に婚活(結婚相談)イット!がお役に立つ情報を随時更新します。幸せな結婚、あきらめないで下さい。