恋をしたい!年齢=彼氏いない暦を卒業するための大人女子の恋活法・前編

恋活する大人女子

年齢=彼氏いない暦を今年こそ卒業したい…これって私の事?

「年齢=彼氏いない暦」という言葉があります。学生時代に誰とも付き合ったことがないという方は多いかと思います。
また、彼氏がいたとしてもすぐに自然消滅してしまったというパターンもあることでしょう。恋愛をしようにも出会いがない、いいなと思える人がいない。出会う暇もない。けれど彼氏は欲しい。

でも、彼氏は欲しいけれどどうやって彼氏となれるようないい人を見つければいいのか分からないという意見。実はこれ、彼氏を持っていない大人女子なら誰もが抱えてしまっている悩みのようです。
そんな大人女子の皆さんに、いい人と出会い「年齢=彼氏いない暦」を脱却する方法をまとめました。私の事だ…と思った大人女子の方も少なくないことでしょう。ならば恋愛がこちらからやってくるのを待つのではなく、大人女子であるあなたが恋愛を迎えに行くという姿勢でいってみませんか?

彼氏をゲットする方法その1・男性の短所よりも長所を見つける事。

男性の魅力を足し算で考える画像

男女関係なく、人は無意識に相手の短所ばかり目についてしまいますよね?怒鳴る姿やランチの食べ方など、ちょっと引いてしまうようなものであればずっと頭に残ってしまい、いつの間にか恋愛対象外になってしまった…なんてこともきっと多いはず。
ただ、あまりにも『なんかムリ』という点ばかり見つけると人を好きになることができなくなってしまいます。それではあまりに勿体ないような気がしませんか?

そこで相手の男性の短所を見つけて相手の魅力を引き算で考えるのではなく、相手の良いところを見つけて足し算で考えてみるとどうでしょうか?

例えば、「いい人だけどオタクっぽい」ではなく「オタクっぽいけどいい人」と考えてみれば相手の男性の魅力を足し算で考えることができます。
こうすることで人を好きになることができ、自然とときめくことができるようになるという訳です。ただ、無理して相手を褒める必要はありません。ここは大人女子であるあなたの女の勘に判断をゆだねてみてください。つまり、生理的に無理なのか受け入れることができるレベルなのかを判断して、相手の魅力を足し算で考えてゆくのです。

もし大人女子の女の勘で受け入れることができるのなら、それは足し算として考えていいものとなります。もし生理的に無理な点なのに見て見ぬふりをすると、あなたが大変な目に合ってしまいます。
相手の減点ばかり見つけてしまうと、いつの間にか理想が高くなってしまいます。自分の妥協点を見つけてみることで、恋に積極的になれるのです。

彼氏をゲットする方法その2・恋愛ドラマや恋愛小説などを読んでときめく気持ちを持ち続ける。

恋愛小説で恋活をする画像

少し前まで、「リア充爆発しろ!」という言葉がありました。これは彼氏や彼女…つまり恋人がいるカップルへの嫉妬や憧れを込めていう言葉なのだそうです。
ただこれ、よくよく考えると悲しいような気がします。恋をすることはとても良いことなのだし、素晴らしいことでもあるのだから。
確かに恋は大変ですし長続きしずらいもの、周囲を見てみると幸せそうなカップルがいてそう思ってしまうのも無理はありません。

だからと言って焦ることはありません。ゆっくりと自分が恋をできるように心を整えてあげることで、きっと恋に前向きになれるはず。そこで大人女子に進めたいのが、恋愛ドラマや恋愛小説。恋愛漫画などを読んで心にときめきを補充してあげる事です。実はこれ、恋の効果が高いものであります。

よく泣ける小説を読んで思いっきり泣いた後、気持ちがスッキリしたというものがありますよね?それと同じように、恋愛ものを見ているといつの間にか自分自身も恋愛に前向きになることができるようになります。ただ、少女漫画はなんか受け付けない…という大人女子もきっと多いかと思います。そんな方にお勧めしたいのが、有川浩さんがかかれる小説。

「図書館戦争」をはじめ「県庁おもてなし課」や「植物図鑑」など、様々な映画化&ドラマ化をさせた小説の原作者さんです。彼女のかかれる小説は、ただ甘い恋愛だけではなく働く大人女子あるあるの出来事がたくさん詰まっています。電車の中で読んで後悔するほど笑えて、電車の中で読んで後悔するほど泣ける小説ばかり。是非とも手に取ってみてください。

彼氏をゲットする方法その3・いつか王子様が…はもう卒業する。

恋活で夢から卒業する画像

彼氏ができない方には、恋に恋をするロマンチストな大人女子が実は多いような気がします。そんなことはない!と言われるかもしれませんが、「もし彼がもっと…」「もし私があの時…」なんて『たられば』なことを考えてしまっている方は、この項目に当てはまることでしょう。

しかし大人女子の夢に水を差してしまうかもしれませんが、恋愛は実はロマンチックとは程遠いことがよく起きます。あのディズニープリンセスで有名なディズニーも、恋に恋をするというのはもう終わっているのです。

ディズニーを見ていると、昔は運命の人と出会い恋に落ちるというパターンがテンプレートでした。ですがここ最近のディズニープリンセスたちはとっても勇敢。自分から運命を決めて行動し、行動をした先に相手の男性を見つけています。いわば自分から相手の男性を迎えに行っているようなものなのです。傷つくことを恐れているような受け身でいるのではなく、大人女子の貴方が勇気を持って進んでみることで、きっと理想の彼を捕まえに行くことができることでしょう。

年齢=彼氏いない暦を卒業する恋活の仕方のまとめ

  • 年齢=彼氏いない暦を脱却するには、大人女子であるあなたが恋愛を迎えに行く。
  • 恋活方法その1・相手の男性の魅力を足し算で考えてゆく。
  • 恋活方法その2・恋愛ドラマや恋愛小説を読んでときめく。
  • 恋活方法その3・恋活をする大人女子は自分から恋を迎えに行く。


年齢=彼氏いない暦を卒業して、大人女子らしく恋をするにはどうしたらいいの?続きは後半にて。

読み上げ時間:約209秒/斜め読み時間:約50秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


恋愛相談・恋活のコツ

恋愛というのは、片思いになっても両想いになっても苦しむものです。付き合う前の時には好きになった彼を恋人にしたいのに脈がなかったり距離を置かれる。付き合っているときには連絡がなくなったり、彼がものすごく束縛してくる。別れた後は取り戻したいと思ったり、振られた理由がわからなかったり。恋の問題がひどくなると、人は1日中泣いたり食事がとれなくなってしまいます。単純と言われても、実は女性よりも複雑な男性心理からの恋愛をここでは紐解いてゆきます。恋に悩む女性たちへの、心が軽くなるアドバイスとなることを目指します。