別れたくない彼氏との別れ方は、恋の病を軽くする

恋活

恋人がいらっしゃる方に、ひどい男性に捕まってしまったという方が多いようです。

例えばしょっちゅう浮気を繰り返す男性や、プライバシーを平気で侵害する男性など。

女の人にお金を借りたまま、返さないのに平気な顔をしているのも、大人女子の敵です。

そんな人と付き合っているのに、別れたくないという女性は多いもの。

女性のほうが、精神的に彼に執着してしまっているのです。

こうなったときに、たとえ周りの友人が心配して別れるように言っても、無理なのです。

「ほかにいい人なんて、たくさんいるよ?」

そういわれても、頭ではもちろんわかっています。

ですが、理性ではわかっていたとしても、心が追い付かなくなってしまうのです。

こんなろくなことをしない恋の病は、症状を軽くするのが一番です。

酷い彼氏と付き合っているのなら、心が追い付かなくても、信じられなくても構いません。

まずは、彼よりも素晴らしい人がいずれあなたの前に表れるということを頭の隅においてください。

そして、次に物理的に離れてみましょう。

メールや電話の頻度を減らしたり、同棲をやめてみるのです。

また、ほかの趣味を見つけて没頭できるものを作るのも手です。

そして、決まりきった生活を抜け出すために、友達と旅行に行ってみたり、一人旅に出かけてみてください。

なにより行ってほしいのは、自分を客観視すること。

また、ひどい彼と付き合っているわけではなくても、恋の病にかかっているのなら厄介。

一度恋の病にかかってしまえば、恋人同士の関係が悪くなることもあるのです。


恋の病は強力な力で貴方からエネルギーを奪おうとします。しかし、一度冷静になることが大切。

読み上げ時間:約113秒/斜め読み時間:約29秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


恋愛相談・恋活のコツ

恋愛というのは、片思いになっても両想いになっても苦しむものです。付き合う前の時には好きになった彼を恋人にしたいのに脈がなかったり距離を置かれる。付き合っているときには連絡がなくなったり、彼がものすごく束縛してくる。別れた後は取り戻したいと思ったり、振られた理由がわからなかったり。恋の問題がひどくなると、人は1日中泣いたり食事がとれなくなってしまいます。単純と言われても、実は女性よりも複雑な男性心理からの恋愛をここでは紐解いてゆきます。恋に悩む女性たちへの、心が軽くなるアドバイスとなることを目指します。