大人女子の婚期についてのまとめ

美容外科の豊胸手術、後の知っておきたい知識

豊胸手術に激しい後遺症があるという情報はありません。しかし体質によっては傷跡が残るケースもあるようです。

もしアナタがこれから美容外科での豊胸手術を検討していれば、以下の3つは押さえておく知識になります。

傷跡が残る体質があります。

ケロイド体質の場合ですと切開した部位に傷跡が残る場合があるようです。傷跡のイメージは、切開した部分が赤く盛り上がったような感じのようです。ケロイドあ生まれつきの体質によるものが大きいので、豊胸の手術だけではなく、さまざまな切開で起こり得るものですが、女性にとってバストという部位はとてもデリケートな部分になります。ケロイドそのものの治療も最近の美容外科では技術が向上していますが、レーザー治療など、あなたの体質に合った治療かどうかも、カウンセリングが必要だと思います。

手術のあとの痛みは?

言ってしまえば人それぞれにはなるのですが、痛みだけではなく、違和感や倦怠感もあるという報告もあるようです。一般的には大胸筋下よりも乳腺下の方が痛みが軽いという事を言う美容外科の医師もいるようです。
手術前のカウンセリングは必須ですし、術後のアフターケアがしっかりしたクリニックかどうかの判断はとても重要になると思います。

術後のレントゲン検査について

シリコンパックを入れている豊胸手術をうけた女性は、乳がん検査の際のマンモグラフィーや各種レントゲン検査が不可能となる病院が多数ありと報告があります。大胸筋下のパック手術をうけた女性は特にはレントゲンに映り込みやすいとために、超音波などのエコー検査をしてくれるクリニックも探しておきましょう。



大人気お弁当レシピスクラップブログ
今あなたの手相がどういう運命を示しているかご存知?手相占い・鑑定スクラップ