刺青を消したくなる人の気持ち ~ その4つ

irezumi_0_008

せっかくいれた刺青を消したくなる日が来るとしたら、どんな時なのでしょう?

①仕事上の問題

日本、海外問わず刺青は社会的に認められていません。刺青が入っていることで就くことが出来ない職業もあります。
就職など仕事上の問題で消す人は少なくありません。

②刺青のデザインの問題

例えば元恋人の名前を入れてしまっている場合です。新しい恋人にはあまり見せたくないものです。

③結婚や出産の問題

刺青により婚約が破棄されたというケースもあるようです。これは男女問わず多くの人が、結婚を機に除去を検討しています。

④スポーツジムに入会出来ない

日本国内のスポーツジムのほとんどは刺青をしていると入会出来ないそうです。理由には刺青が不快感を与える、細菌感染のリスクがあることが挙げられています。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます