子どもとの未来のために刺青(タトゥー)を除去した【体験談レポート】

irezumi_0_009

レーザー除去によってタトゥーを消すことに成功した32歳男性の体験談を紹介。

男性は、高校生の頃に好奇心でタトゥーを肩に4センチほどのものを入れていたようです。しかし数年後、結婚をして子どもが生まれる時に、「親としていかがなものか?」と想い、

奥様とも相談し、タトゥー除去を決意したのです。奥様も、タトゥーを良しとは思っていなかったので、いい機会だったのかもしれません。

病院に行ってカウンセリングの結果、痕が残る「切除術」を避け、医師から勧められたのもあって「レーザー除去」を選択しました。

結果、男性の通ったクリニックのレーザー除去費用は23万で計5回のレーザー照射で今ではアザが見えるかなというくらいのものになったようです。レーザー照射を一度受けたら、2か月は空けなくてはならなかったため、かかった期間は1年。ですがこれで、お子さんとプールに気兼ねなくいくことが出来などして、楽しみが増えたようです。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます