タトゥーを入れたこと、除去を失敗した教訓【体験談レポート】

tattoo_011

今度は自分でタトゥーをなんとか消そうと試みた21歳の方の体験談です。

この方は、自分の肌にタトゥーを入れたことを、入れたのちに後悔し、タトゥー除去をしたいと思うようになったのです。そして、この方は病院を探すのではなく、知人が進めてくれた「タトゥー除去クリーム」を塗ってタトゥーを消そうとしました。

自宅で出来るし痛みなども特にない、何よりもリーズナブルだと思ったのかもしれませんが、全く消えることはなかったようです。
さらには肌の色がまだらになってしまったなどの新しい悩みを生むことになりました。

結果この方は、ちゃんとしたクリニックで除去することに踏み切ったようです。そんな経験をしたからこそ、タトゥーを入れる時はきちんと考えた方がいいと思うのでしょう。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます