彼氏の影響で。レーザー除去をしました【体験談レポート】

irezumi_0_010

次は25歳女性の体験談です。

タトゥーを入れたきっかけは、大学の頃に付き合っていた彼氏の影響。背中に約3cmほどの薔薇のタトゥーを入れていたのですが、大手の銀行から内定を頂いたことにより、除去を決心したようです。

その時、彼女が選んだのはレーザー除去。医師とのカウンセリングにより、レーザー除去がもっとも時間がかからないとわかったため選択したのです。

結果、多少の痛みはあったものの、2年近くをかけて綺麗に除去を完了させ、今では晴々した気持ちで生活しています。

ただ、この女性はネットのクチコミサイトで見つけたクリニックの初診も受けましたが、カウンセリングの際に担当医師と意見が合わなかったので、知り合いの紹介で結局タトゥーレーザー除去を行いました。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます