アートメイクに使われる色は安全なの?

irezumi_0_005

特に女性の顔を自然な形で美しく保つアートメイクは、3000年以上の歴史あるメイク術と言われる歴史のあるものです。

しかし、刺青と勘違いされ、抵抗がある人もいるでしょう。

現在アートメイクで使われている色は、安全なものを使っています。研究が進んでいて、植物性天然色素を使用されています。

その為、美容のみならず、ガン治療や手術跡のカモフラージュなどの「医療補助技術」として利用されています。

色もそう簡単には落ちることもなく、長持ちします。


刺青もタトゥーと呼ばれる今ではこれを使っています。その為アートメイクも刺青(タトゥー)も、MRIなどを受けると、施術した箇所が熱を持つのです。

ですので、気をつけてもらいたいのは、例えば、脳の検査をする際におでこの上である頭髪の生え際にアートメイクをしている方が脳の検査の為にMRIを受ける際に正確な脳の診断が出来ない為、MRIによる脳検査を医師から断られる場合があると聞きます。

MRI…(magnetic resonance imaging 核磁気共鳴画像法)

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます