「刺青(タトゥー)」と「アートメイク」はどう違うの?

tattoo_008

アートメイクとは、汗や水に落ちない為のメイクアップ術です。身体の中にインクを入れていくため、刺青と間違えられることがあるものですが、このアートメイクとは、「タトゥー」とは似て異なるものなのです。

アートメイクとは、皮膚の表面にある「表皮」に入れられます。ですが、刺青はそのさらに奥の皮膚にある、厚さ2mm程度の「真皮」に入れられるのです。

アートメイクと違って色落ちなどする位置にインクが入ります。その結果、アートメイクと違って色が薄くなることもありません


ですので、刺青(タトゥー)を除去することはアートメイクとは異なり、費用も時間もかかるのです。もちろん、刺青(タトゥー)除去は、医師資格を持つ医療機関で行わなければならない事も知っておいてください。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます