痛みのケアが万全なサロンを選びましょう

irezumi_0_002

アートメイクは、刺青と似たような方法でアイラインの上や下、眉に色を入れていく手法。その為、人によっては痛みや腫れを伴うこともあるのです。

サロンのホームページなどでは「痛みがなくてリラックスして施術が受けられます」と書いていますが、実際は人それぞれなのです。

その為、アートメイクの場合はサロンの方では痛みに対して万全のケアを用意してくれているところが良心的だといえます。
カウンセリングで痛みを緩和してくれるクリームを処方してくれたり、痛みが増してきたときに氷などで痛みを腫れを抑えたりなどのケアをしてくれるとこかどうか、事前に調べることで、無理のないアートメイクを受けることが出来るでしょう。

アートメイクは定期的なメンテナンスが必要です。やり直す際に一旦除去を余儀なくされる場合も想定し、正しい施術医療許可を持った医院・クリニックのことも視野に入れておく事も忘れないようにしてください。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます