もしアートメイクで失敗してしまったら?失敗と感じたいくつかの例・・・

tattoo_006

アイラインのアートメイクは、時間が経つと共に色が薄くなり、1年から3年が経つと消えてしまうことがあります。

なので、昨今は施術した機関によっては「1年たって薄くなってしまったなら無料で修正OK」というアフターフォローを用意している医院やクリニックもあります。

また、もしメイクで失敗をしてしまったなら、他店に行ってその旨を相談して見るのが良いかもしれません。技術者によっては修正が可能な人もいるでしょう。

ですが、完全に消してしまいたいという状況の場合は、医療機関などでレーザー照射を受けることになることもあります。

その場合は、費用も高くなることを覚悟しなくてはなりません。

実際にアートメイクで失敗したと感じている方の意見は、『左右の長さ、太さ、眉頭の形、眉山の位置が違ってしまった』『すぐに色が変色した』『施術したサロンが弊店して修正が出来なくなった』『施術前でしっかりシュミレーションしてなかったので、出来上がりの形に不満がある』といった声があります。

実績や信用のある医院やクリニックでアートメイクを行って下さい。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます