刺青をなるべく安く除去したい。そう思う事のリスクがある。という話。

tattoo_002

刺青を除去しようとすれば、入れた時以上の値段と時間がかかることになるでしょう。というのも、「刺青の除去」は保険のきかない自費診療な上、病院側も手術費を付けても良いとされているので、消そうと病院を探すだけでも大変でしょう。

いくつかのクリニック(形成外科・皮膚科)や専門店を回ったり調べたりという工程が必要になります。
また、刺青を消す理由も日とそれぞれ。ただし、綺麗に除去するとなると安く済ませることを優先すると叶いません。

刺青(タトゥー)の状態によっては、治療方法やそれにかかる費用は異なります。除去方法に応じて治療の費用も異なるため、そのの相場を知っておくことは、医院・クリニック選びの参考になります。

  • レーザー除去

  • 1cm × 1cm ¥10,000~15,000

  • 切縫除去

  • 5cm × 5cm ¥200,000~300,000

    (参考価格です)

    クリニックに電話やメールで問合せても正確な費用を提示しない。という話をよく聞きます。それにはクリニック側の理由があります。医師の目で患者の肌の質感の確認や、範囲や深さなどを実際に見なければ費感を応えることが困難な手術だからです。一見はこの対応を不親切なクリニックだと思いがちですよね。でも実際はその反対。といったケースがよくあります。慎重なわけです。

    ワンプライスで○○○○○円で除去します。といったフレコミのクリニックは避けたほうが良さそうです。

    ※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

    あわせて読むならこんな記事

    タトゥー(刺青)除去の基礎知識

    刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
    美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます