刺青(タトゥー)をキレイに除去するのは難しい?その方法と特徴

tattoo_004

刺青(タトゥー)を除去するためにはある程度の額の費用と複数回に及ぶ治療時間が必要になります。それは、刺青を綺麗に無くしたい。と思えば思うほど増えていくものなのです。

その方法は、レーザーによって色をけしていく「レーザー除去」と、刺青が入っている皮膚を除去する「切除術」の2つの方法が一般的だと言われています。

レーザー治療であれば、色を消すためのレーザー除去したい部分に当てて、消していくことが可能なのですが、中にはレーザーでは消せない色もあるようです。例えば黒などの一色(単色)であれば、問題なく消せるでしょう。


ですが、出来ない色がある場合は、必然的に切除術をとらざるを得ません。しかしこの場合は、傷跡が残ることは避けられません。あとは祖の手術を行う人の腕次第となっていきます。
どちらの方法をとるにしても、しっかりとした経験を持っている医師・専門家に頼むことが大事となるでしょう。

刺青(タトゥー)を除去する機関は治療許認可を得た正しい医院・クリニックで行って下さい。昨今は無認可での刺青(タトゥー)を除去する事で事故が起き、問題視されています。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます