タトゥーの除去は方法・値段・サイズで変わる?

irezumi_0_002

タトゥーの除去には多額の費用がかかるように感じる人が多く、又、除去の技術もクリニック毎に違いもあり、最近では、医療届出を行っていない無認可の機関での事故も起き、ニュースでも取り上げられています。

そこで、イット!は、医療認可を受けている医院やクリニックのタトゥーの除去にかかる平均的な値段をご紹介します。

費用は、あくまでも一般的に示す金額での参考価格としてお読み下さい。

タトゥー除去の方法そのものは、除去する刺青の大きさによって費用は変化していきます。


レーザー照射の場合は、名刺サイズが5万2500円、はがきサイズだと10万5000円ぐらいに設定されているでしょう。ですが、これは一回の照射の値段の平均です。除去をするためには5~10回必要となるので、完全除去までは5倍10倍の値段がかかるといえます。
また、手術でタトゥーを切除する方法だと、タバコサイズで10万5000円、はがきサイズで16万8000円くらいの費用が平均的です。一見高く感じますが、一度の処置で済むのでレーザー除去よりは安いといえます。

タトゥー除去は、除去する部位、範囲、色の入れ方の深さ、色の使用種類の数に応じて費用も変わってくるのが特徴です。

ネットの比較サイトの分かりやすい価格設定だったり、キャンペーンでの安価な金額を鵜呑みにせず、シッカリ医師とカウンセリングと面談の上、費用の見積もり・積算を行うようにしてください。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます