タトゥー除去の時の痛みの度合いと注意点と術後のアフターケアの基礎知識

tattoo_003

タトゥー(刺青)を除去する時には、タトゥーを入れた時以上の痛みを伴うとイメージする人もいるでしょう。

それは、タトゥーを入れる時に既に考えたり想像したり擦る人もいると思います。

しかしそれもタトゥーを入れるための施術方法を考えるだけで思ってしまうもの。

ですが、タトゥーを入れた時の痛みに耐えることが出来たなら、除去の痛みにも耐えることは可能だというのが一般的な見解のようです。
部分麻酔を使って除去もしていくので、想像以上に痛みを伴うことはないでしょう。

ただし、大事なのは術前後の生活・アフターケアなのです。手術前日はアルコールを控えて睡眠を十分に取り万全の体制をするとともに、除去した部分を丁寧にケアしていく必要があります。

除去手術後の自宅でのアフターケアのことも知っておく大事な知識です。

切除が広範囲に及ぶ場合、傷口が開くことがあるので重い荷物をもったり、激しい運動は避けなければいけません。その他には、術後の傷口は敏感になっています。日焼け止めなどで、紫外線対策も必要です。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます