複数色のタトゥー – タトゥー除去の体験レポート

複数色のタトゥー - 除去の体験レポート

私は医療認可を受けた美容形成外科でまずタトゥー除去の為の相談とカウンセリングにいきました。

そこで得た知識ですが、タトゥー除去の方法は大きく2つの方法があります。一つは、レーザーによる除去。もう一つは、皮膚そのものを削る方法です。

レーザーは光を当て、除去する方法ですが、1回では消えません。それに、タトゥーそのもの色が2~3色の複数色のものだと消えづらい事。一方、皮膚の切除の方法はレーザーのように回数も費用もかかりませんが医師からの説明を聞いていけば聞くほど切除は怖くて行う気になれませんでした。

私のタトゥーは腰の上中央に3色のものが入っていました。

費用は分割払いで何とかするにして、消え難い複数色の自分のタトゥーをレーザーで綺麗に消してくれる美容形成外科を何件も問合せ、医師の説明を受け、やっとの思いで見つける事が出来ました。

その先生が言うには、『日本の美容外科やクリニックではレーザーによる複数色のタトゥーを綺麗に消せる機器や経験、実績があるところはまだほとんどありません』といっていましたし、私自身もそれを分かっていたので、この先生に決心し、現在除去の最中です。

回数を重ねていく度に、確実に消えていくのには、本当に驚きました。

まだ、完全には消えていませんが、いくつかの美容形成外科の医師からレーザーでは消えづらい。と聞いていた事を考えても、この美容外科だと、最終的には綺麗に消えるんだろうな。という経緯がハッキリ分かります。

これからタトゥー除去を考えている人には、レーザーで綺麗に消す美容形成外科を探すことがとても重要な事だと思っていたほうがいいと思います。

アパレル業27歳/女性 – タトゥー除去の体験レポート


※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

タトゥー(刺青)除去の基礎知識

刺青(タトゥー)は今やファッションの一部として若者にには人気です。芸能人などテレビに現れるタレントさんでも行っている時代です。ところが、それとは反対にこの刺青(タトゥー)を除去したい。という方も後を絶ちません。それは何故でしょう。就職をするのに印象が悪い。や、交際をしていた記念だったが別れた。など、まるで洋服を脱ぐように除去することを考えているようです。ところが、皮膚に一度入れた刺青(タトゥー)を除去するのは簡単な時代ではありますが、医療行為です。許可されていないクリニックなどで除去を行い事故も起きていますし。そもそも刺青(タトゥー)除去は医療の一部でもあります。
美容整形するタイミングのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます