小陰唇縮小術とは【基礎知識】

fujinka_0_002

婦人科形成の中で特に希望が多いのが小陰唇縮小術です。
大きい、左右の大きさが違う、色の黒さなどを解消する施術で、特に若い独身女性の希望者が多いようです。

小陰唇の大きさや色は個人差のあるもの
一般的には加齢と共に大きくなり、色素も濃くなる傾向があります。
個人差があるとは言えど、これらを悩む女性は大変多いのが実情です。

小陰唇縮小術では小陰唇の一部を切除し形を整えます
色素沈着が起こりやすい先端部を切除するため、大きさと色素沈着どちらも同時に解消出来ます。

手術は局所麻酔を用い、約30分~40分で終わります。
また、基本的には抜糸は不要な手術です。小陰唇は元々血流が良いため、傷が治りやすい部位です。そのため手術痕の治りもよく目立たないため、人に気付かれることは少ないでしょう。
手術当日からシャワー可能です。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

婦人科の悩み基礎知識

美容外科(整形)の中でも『婦人科形成』は医師の高い技術が要求される部分です。女性のデリケートゾーンのお悩みですから、カウンセリングの対応もとても重要視されます。イット!では、その『婦人科形成』のあらゆるジャンルの知識を随時情報発信することで、これから婦人科形成(女性器の整形・ボディピアス・臭いの悩みなど)の施術を受けようと考えている女性に基本的な知識を得て頂けるお手伝いが出来ることを願っています。