今さら聞けない…クリトリス包茎手術とは?

fujinka_0_004

クリトリスは本来包皮という皮膚に覆われているものです。
この包皮が大きく被さっている状態をクリトリス包茎と呼んでいます。
この状態であると恥垢が貯まりやすく臭いの原因になったり、
性行為の際に刺激を受けづらく不感症の原因になったりします。

クリトリス包茎手術では、包皮を部分的に切除しクリトリスを適度に露出させます
包皮を適切な大きさにすることで清潔な状態を保つことができます。
小陰唇肥大と合併していることも多いので小陰唇縮小手術と一緒におこなう事が多い手術です。
クリトリス包茎手術だけを行う場合もあります。

包皮をデザイン切除法により縫い合わせる手術で、約30分で終了します。抜糸の必要がない溶ける糸を使用するので、通院の必要がない場合がほとんどです。シャワーは手術の翌日から、湯船への入浴は術後1週間より可能です。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

婦人科の悩み基礎知識

美容外科(整形)の中でも『婦人科形成』は医師の高い技術が要求される部分です。女性のデリケートゾーンのお悩みですから、カウンセリングの対応もとても重要視されます。イット!では、その『婦人科形成』のあらゆるジャンルの知識を随時情報発信することで、これから婦人科形成(女性器の整形・ボディピアス・臭いの悩みなど)の施術を受けようと考えている女性に基本的な知識を得て頂けるお手伝いが出来ることを願っています。