大陰唇縮小術とは?

fujinka_0_005

大陰唇はふとももの付け根と小陰唇の間、女性器の左右にある少し厚みがある皮膚の事です。大陰唇は主に脂肪で出来ていて、女性器や尿道を衝撃から保護する役割を持っています。

そもそも女性が性的興奮を得たときには充血する部分であり、男性器を包み込む働きをします。

大陰唇は元々膨らんでいる部位ではありますが、大きさを気にされる方もいます。はみだす部分が大きかったり、黒ずみやたるみ、しわが気になる時の施術が大陰唇縮小術です。
肥大や黒ずみが気になる箇所を切開し、余分な組織を取り除き綺麗に形を整えます

比較的簡単な手術であり、体への負担は少なくてすみます。手術は局所麻酔で行うので痛みの心配はありません。1時間程度で済み、基本的には抜糸の必要がない手術です。手術当日からシャワー可能です。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

婦人科の悩み基礎知識

美容外科(整形)の中でも『婦人科形成』は医師の高い技術が要求される部分です。女性のデリケートゾーンのお悩みですから、カウンセリングの対応もとても重要視されます。イット!では、その『婦人科形成』のあらゆるジャンルの知識を随時情報発信することで、これから婦人科形成(女性器の整形・ボディピアス・臭いの悩みなど)の施術を受けようと考えている女性に基本的な知識を得て頂けるお手伝いが出来ることを願っています。