糖質制限ダイエット中ならお酒を選んで飲みましょう!賢い大人女子のガマンしないダイエットを大公開!

ダイエット中のお酒の付き合い方のコツ

ダイエットの際、問題の一つとして挙げられるのがお酒です。

最近はお酒が大好きな大人の女性も多く、太ると考えられているお酒を、ダイエットで我慢しないといけないのが嫌だという話を多く聞きます。

糖質制限ダイエットの際は、お酒に関しては蒸留酒なら飲んでも構いません。上手に飲むお酒を選んで、ダイエット中でも我慢をせずストレスを溜めないようにしましょう。

カクテルや醸造酒は控えるようにしましょう。簡単に言うならウイスキーは大丈夫ですがビールはやめてくださいということです。


ここでは、前回のダイエットのお酒の話よりも、もう少し深く話を掘り下げさせていただきます。

蒸留酒は、朝ドラ「マッサン」で一躍ブームになったウイスキーを代表に、バーボンやブランデー。ウォッカや焼酎もお勧めいたします。蒸留酒は糖質がなく、飲んでも大丈夫なのです。

醸造酒は、ビールや日本酒。ワインやシャンパンも数えられます。また、ビール風に作られた発泡酒も、糖質が多く含まれている醸造酒の仲間となります。ダイエット中は避けるようにしましょう。

ただし、糖質の多いとされる醸造酒でも、赤ワインならば糖質は非常に少ないために飲んでも構いません。また、糖質ゼロのものなら、飲んでも大丈夫ですよ!

甘いカクテルがダイエット中に飲んではいけないのは、なんとなく想像ができると思います。カクテルの多くは、蒸留酒をベースにしていろんなジュース類を加えて作っています。そのジュースに糖質が多く含まれているからこそ、避けてほしいのです。

ジュース類を加えたものなら、サワーやチューハイなど他にもありますよね?これらも避けてほしいものですが、ハイボールや焼酎の炭酸水割りなどの炭酸水で割った、甘い味のしないお酒は大丈夫なのです。

また、梅酒も焼酎に梅と、たっぷりの氷砂糖を使って作られているために、これも避けましょう。とは言っても、飲み会でうまくお酒を選べないこともあるかもしれません。乾杯のビールとかは特に断れない!というシーンだってあります。

そういう時は最初の一杯だけビールを飲んで、そのあとは蒸留酒に切り替えましょう。ビールは太りやすいお酒ナンバーワンですが、それはガブガブと飲んでしまうから。ビールもコップ一杯程度なら糖質量は多くないです。そこまで気にするほどでもありませんから、どうぞ安心してくださいね♪

ダイエット中のお酒の付き合い方のコツ

  • ダイエット中でもお酒は飲みたい!
  • 蒸留酒はOK、醸造酒はNG
  • お酒の詳しい話
  • 飲み会でうまくいかないときは?


上手にお酒を選んで飲むことで、楽しくダイエットに励みましょう!

読み上げ時間:約164秒/斜め読み時間:約33秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ダイエットの知っておきたい!基礎知識

ダイエットに大切なものは何かと聞かれたら、「食べないこと」「続けること」と考えられると思います。しかし、そうではなく、ダイエットに必要なのは「続けられるものを選べるかどうか」なのです。ダイエットというのは、やみくもに食事を抑えるというわけではありません。痩せるためには食事を制限して、運動をして、カロリー計算をして……これではあまりに面倒で続けようがないです。かといって、肥満は糖尿病だけではなく関節痛や骨折など、様々な恐ろしい病気を呼んだり、ケガの原因にもなるのです。だからこそ、今最も求められているであろう、楽して痩せることができるダイエットを公開してゆきます。