甘いものが食べたい!ダイエット中でタブーとわかっているのにやめられない…どうしたらいいの?

甘党のためのダイエット

ダイエット中でも、どうしても甘いお菓子をやめることができない!

甘党な大人の女性にはダイエット中に間食ができないのは本当につらいものです…。

お酒を飲むことでストレス発散になるという方が大勢いるように、甘いものを食べることでストレス発散になる大人女子も大勢います。

しかし、甘いものというのは肥満や糖尿病などの様々な生活習慣病の原因となったり、糖分依存症というものもここ最近で確認されるようになりました。


だからこそダイエットの際は、当然と言えば当然ですが、甘いものは控えてほしいのです。

とは言っても、ダイエット中ずっと甘いものを控えるというのはキツいもので、そのことが原因でダイエットを挫折する人も多いもの。

では、ダイエットに挫折しやすい甘党派な大人女子には、どんな風なダイエットが向いているのでしょうか?

ここでご紹介している糖質制限ダイエットの際、1週間ほど糖質制限食にすることで、体が脂肪をうまく使えるようにします。

この1週間は炭水化物や糖分は出来るだけ食べたくないものです。ですから、1週間だけ甘いものは我慢してください。

この1週間の間でどうしても甘いものが食べたくなったなら、糖質のごく少ないものをほんの少しつまむ程度にしましょう。

例えば、ロッテの「ゼロ」というチョコレートが発売されています。そういったものをつまむことで、乗り切りましょう。

他にも糖質ゼロのゼリーなどもありますから、そういったものも使ってみましょう。

1週間が乗り切れたら、1週間に2回程度なら普通のお菓子を食べても構いません。しかしドカ食いは厳禁です。

また、お菓子作りが好きな人は、パルスイートや大豆粉を使えばクッキーなどをぐっと糖質を下げることができます。

一番いいのは、間食がしたくなった際にナッツやチーズで食べることなのですが、それが毎回できるとも限りません。それができたら苦労しないという言葉が聞こえてきそうですが、その気持ちはわかります。

そのために私がオススメするやり方としては、毎日食べたものをメモする習慣をつけることです。食事の量ではなく、いつ・どの料理で食べた食材なのかを書いてゆきます。

すると間食をした際にそのことも書くことになり、自分自身に罪悪感が湧いて出てきて、だんだん間食をしなくなりますよ?

そうして間食をしなくなった際に、ダイエットに入るのはいかがでしょうか?

甘党のためのダイエット

  • 甘党にダイエットはきつい
  • ダイエット中はどこまで控えればいい?
  • 間食の工夫とは?
  • それでも甘いものが食べたい!
  • 間食をしなくするには?


間食は悪いことだとわかっている。けれどやめられないなら1週間に2回ほどにしましょう。

読み上げ時間:約170秒/斜め読み時間:約45秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ダイエットの知っておきたい!基礎知識

ダイエットに大切なものは何かと聞かれたら、「食べないこと」「続けること」と考えられると思います。しかし、そうではなく、ダイエットに必要なのは「続けられるものを選べるかどうか」なのです。ダイエットというのは、やみくもに食事を抑えるというわけではありません。痩せるためには食事を制限して、運動をして、カロリー計算をして……これではあまりに面倒で続けようがないです。かといって、肥満は糖尿病だけではなく関節痛や骨折など、様々な恐ろしい病気を呼んだり、ケガの原因にもなるのです。だからこそ、今最も求められているであろう、楽して痩せることができるダイエットを公開してゆきます。