ダイエットの落とし穴ドリンク編を紹介します!野菜ジュースやカロリーゼロはかえって太ってしまう!?

ダイエットで気を付けたい飲み物の話

ダイエットをする上では、食事と同じように飲み物も気を使わなくてはいけません。

では、どういった飲み物に気を付けて、どういった飲み物を飲むべきなのでしょうか?

飲み物も食べ物同様、甘いものを避けるというのは必須です。

日本茶やブラックコーヒーや、砂糖の入っていない紅茶などをオススメします。

とはいっても、どうしても甘いものというのは欲しくなる時がありますよね?そんな時は少し飲むくらいなら大丈夫です。


また、健康的なドリンクだから大丈夫!と精神的に思ってしまう為に、健康的なドリンクというのは気を付けなくてはいけません。

カロリーゼロだからと、心理的にジュースをたくさん飲むのはかえって太る結果になってしまいます。栄養ドリンクやスポーツドリンクは糖質がかなり多く、肥満ホルモンことインスリンはたくさん出ます。

また、ただフルーツを食べる以上に多く摂取してしまいがちな、フルーツジュースも避けるべきでしょう。野菜ジュースも、果物と一緒にジュースにしているために、ダイエットには不向きと考えるべきです。

それなら、純粋に野菜だけで作られているジュースならいいのか?という意見が上がると思います。

そういった場合、イメージとして真っ先に思いつくのはトマトジュースでしょう。トマトジュースに関しては、トマトだけを原料としているのがほとんどで健康的です。

しかし、トマト自体ある程度の糖質が含まれているために、少し気になる量の糖質を摂取することになり、飲む量は少し気を付けるべきでしょう。

牛乳も乳糖という糖質が含まれています。また、飲み物ですから糖質を多くとってしまいがちになるのです。

ダイエットで気を付けたい飲み物の話

  • 健康のためにタバコをやめ、間食で太ってしまった
  • 通勤時は大股で早足に歩くく
  • 休日の買い物は歩いて
  • 糖質は「先週よりも少なく」
  • 食事は何を減らすか


無糖の飲料水がダイエットには一番!健康ドリンクは意外な落とし穴なのです。

読み上げ時間:約119秒/斜め読み時間:約28秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ダイエットの知っておきたい!基礎知識

ダイエットに大切なものは何かと聞かれたら、「食べないこと」「続けること」と考えられると思います。しかし、そうではなく、ダイエットに必要なのは「続けられるものを選べるかどうか」なのです。ダイエットというのは、やみくもに食事を抑えるというわけではありません。痩せるためには食事を制限して、運動をして、カロリー計算をして……これではあまりに面倒で続けようがないです。かといって、肥満は糖尿病だけではなく関節痛や骨折など、様々な恐ろしい病気を呼んだり、ケガの原因にもなるのです。だからこそ、今最も求められているであろう、楽して痩せることができるダイエットを公開してゆきます。