昆布食べ過ぎはダイエットには危険なのでご注意を。

昆布ダイエットは痩せない

よく、「○○を中心的に食べましょう」というダイエットがあります。

一昔はやったバナナダイエットに挑戦された大人女子の方もいらっしゃると思います。

そういったタイプのダイエットの一つに、昆布ダイエットというものもあるそうです。

昆布は確かにカロリーも低く、たくさんの栄養素を含んでいる優秀食品。


しかし、実は昆布で太ってしまったという意見もあがっています。それは何故かというと、実は昆布は糖質が非常に高いから。

昆布を大量に食べれば糖質も大量に摂取してしまいます。そのために、肥満ホルモンが増えてしまい脂肪の燃えやすい体に切り替わりにくいのです。

昆布は少々なら構いませんが、1日100gも毎日食べていたら、糖質によって痩せにくくなります。どうしてこんなにも昆布の糖質は高いのでしょうか?

実は生の状態の昆布は海藻のために、さほど糖質は含んでおりません。しかし、乾燥させることで水分が飛ばされて糖質が凝縮されてしまいます。

ただし、ワカメの場合は糖質が少なく、乾燥させてつくる海苔の場合、糖質は少ないのです。

こちらでも書かせていただいたように、海苔は血管若返りに効果的な健康食品なのでぜひ食べてください。

昆布はダシを取る際によく使うというご家庭もあることと思いますが、それは大丈夫です。何故なら昆布だしは糖質をほとんど含んでおりません。

よくソバ茶や玄米茶というのがありますが、ソバや玄米は炭水化物なのでカロリーは高いですよね?

しかし、お茶にするとカロリーはゼロのようなものになります。理屈はこれと同じです。

ダイエット中の昆布の注意点

  • 昆布ダイエットは痩せない
  • 昆布は糖質が高い
  • 昆布は栄養が豊富だけどほどほどに
  • 海苔の糖質は低い
  • ダシはほとんど糖質がない


昆布と昆布だしの糖質は違う、昆布の食べすぎには気を付けて

読み上げ時間:約112秒/斜め読み時間:約30秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ダイエットの知っておきたい!基礎知識

ダイエットに大切なものは何かと聞かれたら、「食べないこと」「続けること」と考えられると思います。しかし、そうではなく、ダイエットに必要なのは「続けられるものを選べるかどうか」なのです。ダイエットというのは、やみくもに食事を抑えるというわけではありません。痩せるためには食事を制限して、運動をして、カロリー計算をして……これではあまりに面倒で続けようがないです。かといって、肥満は糖尿病だけではなく関節痛や骨折など、様々な恐ろしい病気を呼んだり、ケガの原因にもなるのです。だからこそ、今最も求められているであろう、楽して痩せることができるダイエットを公開してゆきます。