痩せるコツはドカ食いの時とダイエットの時と分ける

太る原因

糖質制限ダイエットは、正しい方法を守ることで大人女子の強い味方になります。

低炭水化物のダイエットを1週間から2週間ほど行うことで、体重の下がり様に、その効果を感じると思います。

これを励みに、糖質制限ダイエットを緩めても構いません。

糖質を控えるダイエットがきついなぁと感じたら、3食に1回しか炭水化物を摂らなかったのを3食に2回と切り替えても構いません。

ただし、切り替えるのなら、朝と昼に炭水化物を摂り夜は炭水化物は食べないとするといった工夫がいります。

夜は、食事後数時間で寝るもの。

そのために、体や脳が休んでしまうためにブドウ糖が消費されにくく、肥満ホルモンに蓄えられた脂肪がそのまま残ってしまいます。

痩せやすい体を維持するには、低炭水化物生活を続けること。

もし普通の食事生活に戻ったときに、体重がまた増え始めるようだったら、もう一度低炭水化物生活を行ってみてください。

低炭水化物の糖質制限ダイエットで、体を痩せやすいものにします。

そして痩せたなら少し緩めて、炭水化物を食べる。

効果が切れたらまた、低炭水化物の生活に戻る。

このサイクルを繰り返すことで、健康的に痩せやすい体へと変化してゆきます。

ダイエットではどんな時でも、どうしてもドカ食いがしたくなる時期というのがあります。

そんな時は、遠慮せずに食べてください。

また、体重は1日に1回、決まった時間に図れば十分です。

1kgの細やかな違いに神経をとがらるのではなく、何日か続けて増えているというときは気にしてください。


効果が実感できるからこそ、ダイエットは続きます。食べるときは食べて、食べないときは食べない。

読み上げ時間:約113秒/斜め読み時間:約28秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ダイエットの知っておきたい!基礎知識

ダイエットに大切なものは何かと聞かれたら、「食べないこと」「続けること」と考えられると思います。しかし、そうではなく、ダイエットに必要なのは「続けられるものを選べるかどうか」なのです。ダイエットというのは、やみくもに食事を抑えるというわけではありません。痩せるためには食事を制限して、運動をして、カロリー計算をして……これではあまりに面倒で続けようがないです。かといって、肥満は糖尿病だけではなく関節痛や骨折など、様々な恐ろしい病気を呼んだり、ケガの原因にもなるのです。だからこそ、今最も求められているであろう、楽して痩せることができるダイエットを公開してゆきます。