トマト料理は糖質制限ダイエットには注意したいもの

食事制限

ダイエットを考えられている大人女子に、トマトのお話をします。

糖質制限の際に、トマトは気になる食品です。

トマトというと、非常に栄養価が高く「トマトが赤くなると医者が青くなる」という言葉もあるくらい。

確かにトマトは非常に優秀な食品で、普通に料理をするのは問題はありません。

イタリアンに目がない大人女子には、トマトは美味しくて美容の味方だから心強いものですしね。

しかし、気にしてほしいのは近頃増えた、甘いトマト。

「桃太郎」という商品や、さらにそれを上回る甘くておいしいトマトというのがあります。

桃太郎トマトはシャーベットにしても美味しいそうですから、どれほど甘くておいしいのかなんとなく想像がつくでしょう。

よく八百屋さんでも大々的に売っていますが、これらは甘くておいしいからこそ糖質が高い。

糖度が高い野菜というのは、そのまま糖質が高いことを意味します。

普通のトマトなら構わないのですが、こういった甘いトマトは控えめを意識してください。

トマトジュースは、普通のトマト同様糖質は高くはありません。

しかし、ジュースはどうしてもある程度の量を一気に飲んでしまいます。

また、トマトの缶づめも糖質が少し気になる量。

特にジュースの場合は液体のために体内の吸収力は早く、肥満ホルモンも出やすいです。

だからこそ、トマトジュースは控えめにするという気持ちでいてください。

普通のトマトを美味しく調理して、食べるというのが無難なようにも思います。


美味しくて体に優しいトマト。けれどダイエット中には甘いトマトにはご用心を。

読み上げ時間:約107秒/斜め読み時間:約30秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ダイエットの知っておきたい!基礎知識

ダイエットに大切なものは何かと聞かれたら、「食べないこと」「続けること」と考えられると思います。しかし、そうではなく、ダイエットに必要なのは「続けられるものを選べるかどうか」なのです。ダイエットというのは、やみくもに食事を抑えるというわけではありません。痩せるためには食事を制限して、運動をして、カロリー計算をして……これではあまりに面倒で続けようがないです。かといって、肥満は糖尿病だけではなく関節痛や骨折など、様々な恐ろしい病気を呼んだり、ケガの原因にもなるのです。だからこそ、今最も求められているであろう、楽して痩せることができるダイエットを公開してゆきます。