痩せる食べ物には調味料の糖質にも注意する

運動しても痩せない理由

ダイエットをする上で、調味料も勿論、気を付けてほしいものです。

実は痩せられない原因の一つとして、調味料も含まれているのです。

これは盲点!という大人女子も多いのだとか。

ここでは、ダイエットでの調味料についてのお話をさせていただきます。

太りやすい調味料と言えば、マヨネーズを真っ先に思いつくかもしれません。

とはいっても、実はマヨネーズは太りにくいもの。

むしろカロリーハーフなどのマヨネーズは味を調えるために大量に糖質を使用しています。

本来のマヨネーズは酢に油、そして卵を使用しています。

従来のものは糖質に影響を及ぼしません。

また、日本人には欠かせない、醤油も大丈夫です。

ただし、九州の醤油は砂糖を使用しているために、甘い味です。

こちらの使用は注意をした方がよいでしょう。

みりんや白みそもかなりの糖質が含まれているために避けてください。

ただし、白みそ以外のみそは基本的に大丈夫。

それ以外にも、ケチャップやお好み焼きソースには特に気をつけてください。

ケチャップとお好み焼きソースはかなりの砂糖を使用しています。

ソースやたれというのは、砂糖を多く使っているのだと考えるべきかもしれません。

もちろん、少量なら構いませんが、なるべく避けることを心がげて下さい。

カロリーハーフや糖類ゼロの言葉に惑わされず、きちんと自分の目で成分表を見極めるのも大切です。


調味料は割と太りやすい。食べ物だけではなく、味付けもこだわって。

読み上げ時間:約100秒/斜め読み時間:約27秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ダイエットの知っておきたい!基礎知識

ダイエットに大切なものは何かと聞かれたら、「食べないこと」「続けること」と考えられると思います。しかし、そうではなく、ダイエットに必要なのは「続けられるものを選べるかどうか」なのです。ダイエットというのは、やみくもに食事を抑えるというわけではありません。痩せるためには食事を制限して、運動をして、カロリー計算をして……これではあまりに面倒で続けようがないです。かといって、肥満は糖尿病だけではなく関節痛や骨折など、様々な恐ろしい病気を呼んだり、ケガの原因にもなるのです。だからこそ、今最も求められているであろう、楽して痩せることができるダイエットを公開してゆきます。