糖質制限の効果の目安は1週間目から

008

糖質制限を始めてみたいけれど、どんなダイエットも効果はいつ頃から現れるのか。

そして続けることで効果があるのか、知りたいですよね。

糖質制限の仕方はいくつかあります。

3食毎日の食事すべてで、糖質の多い食事を避ける方法。

1食のみ糖質の多い主食などの食事をのり、残り2食は主食を摂らない方法。

また、2食主食を摂り、3食目は主食を摂らないという方法もあります。

この場合は、3食毎日の食事すべてで、糖質の多い食事を避ける方法をご紹介します。

痩せにくいう遺伝子を持つ人でないかぎり、初めの一週間で2~3kgは減ります。

それ以降は緩やかに痩せてゆく、半年から1年ほどじっくりかけて、その人の本来の体重になるまで落ちるのです。

人によって、体脂肪率が異なるために個人差は生じます。

また、初めの1週間は、脂肪と共に水分も落ちるために体重の減りが激しいのです。

脂肪と共に水分が落ちるのはドノダイエットでも同じ原理であります。

それから、体の調子が安定することで水分は減ることなく、体の脂肪のみを落としてゆくから緩やかな速度となるのです。

極端なダイエットをやめたとたんにリバウンドするのは、切り替わった体が逆戻りし、落ちた体の水分は元に戻ってしまうから。

糖質を減らすダイエットも同じ原理が起こり、糖質の多い食事に戻してしまうと、やがて体の脂肪も元に戻ってしまうのです。


大切なのは1・2週間で食事を習慣づけさせて長く続けられるようにすること、体が安定すればこちらのもの。

読み上げ時間:約103秒/斜め読み時間:約33秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ダイエットの知っておきたい!基礎知識

ダイエットに大切なものは何かと聞かれたら、「食べないこと」「続けること」と考えられると思います。しかし、そうではなく、ダイエットに必要なのは「続けられるものを選べるかどうか」なのです。ダイエットというのは、やみくもに食事を抑えるというわけではありません。痩せるためには食事を制限して、運動をして、カロリー計算をして……これではあまりに面倒で続けようがないです。かといって、肥満は糖尿病だけではなく関節痛や骨折など、様々な恐ろしい病気を呼んだり、ケガの原因にもなるのです。だからこそ、今最も求められているであろう、楽して痩せることができるダイエットを公開してゆきます。