ダイエットの食事制限はずぼら飯で大丈夫!?

002 olive

ダイエットで最も大切なものと言えば、「食事」です。

人が1日に摂取するべきカロリーは2000kcal前後ですが、だからと言ってカロリー計算は面倒です。

そのため、カロリー計算をせずともよい食事のとり方をご紹介いたします。

簡単に言えば、主食を減らしおかずは多めに。

そしてそこに健康を忘れないというイメージを作ってください。

糖質が多く含まれる食品を避けるだけで、ダイエットに効果的というわけなのです。

あえてアドバイスを細かく言うのなら、こうなります。

まず、主食を減らすというよりは炭水化物を減らすこと。

つまりごはんやパンや麺類はもちろん。イモやお菓子を避ければよいのです。

そして主食を取るときは、栄養が摂れる玄米や全粒粉を選んでください。

それとは逆に、魚介類や肉類。

豆腐やチーズなどのたんぱく質や脂質が主成分の食品はしっかりと。

料理に使用する油はオリーブオイルを選ぶこと。

果物は糖質が多いですが、ビタミンや酵素などが取れて美味しいためにこれも少量にとどめてください。

特に、バナナは糖質が多いフルーツなので、控えた方がよいのかもしれません。

飲み物は当たり前ですがジュースは避けてください。

果物を少量に留めるという意識であるなら100%のフルーツジュースも避けるべきでしょう。

その代わり麦茶やほうじ茶、大豆からできている豆乳は是非とも積極的に摂ってほしいものです。

マヨネーズやバターも大丈夫ですが、マヨネーズで注意をするなら砂糖を使ってないものを選んでくださいね。


糖質を「避ける」ことでダイエットを簡単に、そして健康的に行いましょう。

読み上げ時間:約110秒/斜め読み時間:約29秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ダイエットの知っておきたい!基礎知識

ダイエットに大切なものは何かと聞かれたら、「食べないこと」「続けること」と考えられると思います。しかし、そうではなく、ダイエットに必要なのは「続けられるものを選べるかどうか」なのです。ダイエットというのは、やみくもに食事を抑えるというわけではありません。痩せるためには食事を制限して、運動をして、カロリー計算をして……これではあまりに面倒で続けようがないです。かといって、肥満は糖尿病だけではなく関節痛や骨折など、様々な恐ろしい病気を呼んだり、ケガの原因にもなるのです。だからこそ、今最も求められているであろう、楽して痩せることができるダイエットを公開してゆきます。