普通の汗の臭いは「ワキガ」の臭いではない。

biyogrka_0008

ワキガの臭いとは、独特のものです。人によっては、鉛筆の芯のようなニオイであったり、納豆のよう臭いだといわれることもあるでしょう。このように臭いの捉え方は人それぞれなのです。

そして、ワキガの原因は「アポクリン汗腺」から分泌されるものなので、通常汗をかいた時などに出てくる汗とは全く異なるのです。

通常の汗は「エクリン汗腺」という、全人にある汗腺から出るものです。そこからワキガのようなニオイが出ることはないので、汗の違いは歴然でしょう。

具体的に『わきが』の臭いのもととなる成分は、タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分、ピルビン酸などの臭いが原因です。

この汗の特徴は、汗そのものの中に塩分が含まれていない為に皮膚がアルカリ性に傾きやすく、菌が繁殖しやすくなります。この要因が重なり合ってわきがのにおいになるのです。

わきが体質の人は、体をきれいに洗っても、汗をかけば、普通の人以上ににおいが目立ちやすい事も『わきが』の方の悩ましいところなのです。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

3つのポイント『美容外科』斜め読み

美容外科イット!では、美容外科の観点から『顔を小さくする方法』や、『痩身したい』『多汗症に悩む汗の事』など、女性の美や健康を追求する為の情報を随時公開しています。10年後のあなたも変わらず美しくある為に・・・。美容外科イット!の情報で今の悩みを少しでも解消できれば幸いです。
気になるワキガケアのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます