フェロモン効果がある程よいワキガ

biyo_geka_0_003

脇や乳首周辺、耳の中、そして性器周辺にはアポクリン汗腺が存在しています。
こういった特定の場所にアポクリン汗腺があるということは、臭いを発して縄張りを示したり、異性に求愛するための「フェロモン」を出すためだといえるでしょう。

脂質や蛋白質をふくむ乳白色の分泌液が雑菌によって分解されることで、臭いが湧きたち、フェロモンとしての機能を発揮するのです。

つまりこのワキガの臭いというものは、程よいものであれば忌み嫌われるものではなく、哺乳類が生きていくために必要なものといえるでしょう。

蛇足ですが・・・野生動物の繁殖期に異臭を発する動物がいます。実は。ワキガとフェロモンの関係はこれと同じ原理なのかもしれません・・・。憶測ですが。

ただ、ワキガで悩んでいる方には、美容外科でのカウンセリングと治療はオススメします。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

3つのポイント『美容外科』斜め読み

美容外科イット!では、美容外科の観点から『顔を小さくする方法』や、『痩身したい』『多汗症に悩む汗の事』など、女性の美や健康を追求する為の情報を随時公開しています。10年後のあなたも変わらず美しくある為に・・・。美容外科イット!の情報で今の悩みを少しでも解消できれば幸いです。
気になるワキガケアのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます