冷え性と汗かきの関係

biyo_geka_0_013

実は、冷え性の人は汗をかきやすい傾向があります。一見関係のない二つの症状に感じますが、実はどちらの症状も血行や新陳代謝が悪くなっているという共通点があるのです。

冷え性の人の下半身はむくみやすく、血液が温められます。その血液が上半身に上がってくるため、顔や背中、脳が暑さを感じやすくなって汗を生み出すのです。

その結果、身体は寒いのに汗が良く出るという身体の状態になるのです。つまり、汗を抑えたいと思うなら、冷え性改善を目指したトレーニングをしていくことが良いでしょう。


筋トレによって、冷え性対策も出来ます。筋トレによって作られた筋肉で熱を作り、逆に、肥満は冷え性に繋がります。汗をかくにのは太っているから。という単純なことではなく、代謝が悪い冷え性が肥満の人に多いことも原因なのです。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

3つのポイント『美容外科』斜め読み

美容外科イット!では、美容外科の観点から『顔を小さくする方法』や、『痩身したい』『多汗症に悩む汗の事』など、女性の美や健康を追求する為の情報を随時公開しています。10年後のあなたも変わらず美しくある為に・・・。美容外科イット!の情報で今の悩みを少しでも解消できれば幸いです。
気になるワキガケアのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます