ワキガは治療できる!~ボトックス注入法

biyogrka_0006

美容整形分野で最近よく耳にする「ボトックス注入」

リフトアップなどアンチエイジング効果も同時に期待出来る為、最近の美容外科では結構患者の多い症例になっています。

このボトックス、実はワキガ治療にも用いられています。

ボトックスはタンパク質の一種で交感神経の働きを弱める効果を持ちます。
この効果を利用したのがボトックス注入でのワキガ治療です。
わきの下にボトックスを注入することで、アポクリン腺やエクリン腺の活動を抑制します。
そうする事で汗の分泌を抑え、臭いの軽減につながります。

ボトックスのメリットは、メスを使わず10分程度の施術で終了すること。そして施術直後から、通常通りの生活を行えることです。デメリットは汗腺を除去する施術でないため、効果が永続的でないこと。
個人差がありますが、効果は約半年~1年ほどです。

汗をかきやすくなる夏、着ぶくれしやすい冬などニオイが気になる季節の前に施術を受けられる方がほとんどです。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

3つのポイント『美容外科』斜め読み

美容外科イット!では、美容外科の観点から『顔を小さくする方法』や、『痩身したい』『多汗症に悩む汗の事』など、女性の美や健康を追求する為の情報を随時公開しています。10年後のあなたも変わらず美しくある為に・・・。美容外科イット!の情報で今の悩みを少しでも解消できれば幸いです。
気になるワキガケアのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます