ピアスを付けたい!ピアスの穴あけをする前に知っておきたい、病院で行うほうがいい理由

ピアスの穴あけを病院で行うメリットと、自分で開けるデメリット

ピアスの穴あけは医療行為!自分で開けるのは止めた方がいい理由

ピアスは今や、老若男女関係なく行っているオシャレです。特に若い女性の50%はピアスを開けていらっしゃるのだとか。

ただ、当然ピアスの穴あけをする必要性があります。初めてのピアス、一体どんな風に穴をあけるのでしょうか?

ピアスの穴あけを行った大半の方が、ピアッサーを購入して自分や友達に穴をあけてもらうパターンが多いようです。

中にはピアッサーを買うのがもったいないからと、安全ピンや画鋲を使って自分の耳に穴をあけるという方もいらっしゃいます。

そもそもピアスの穴あけというのは医療行為なため、自分で開けるのはオススメしません。病院で行いましょう。

ピアスの穴あけを自分で開けた際、どんなピアストラブルを引き起こす可能性があるのか説明いたします。

ピアストラブルは実は怖い!ピアストラブルはどんなものがあるの?

ピアスの穴あけを行う画像

病院でピアスの穴あけを行うのと、自分でピアスの穴あけを行うとでは安全性に大きく差があります。

まず、自分でピアスを開けると感染症は勿論、穴の周りがミミズ腫れのようなケロイド状態になるというピアストラブルがあります。

もともと耳自体ケロイドなりやすいもののため、自分で開けた際にきちんとした処理ができず、結果ケロイドができてしまうのだとか。

ピアストラブルは他にも、粉瘤(アテローム)と言ってピアス穴に巨大なできものができてしまう可能性もあります。

よくニキビと混同しがちですが全く違うものです。粉瘤(アテローム)はニキビのように小さくならないため、どんどん大きくなります。

また、ピアスの穴あけを行う際に多いピアストラブルが、ピアスによる金属アレルギーです。

一度金属アレルギーを引き起こすと完治不可能と言われ、かゆみと痛みに襲われる体質となってしまう、恐ろしい可能性があります。

このような問題が起きた場合、自分だけでは対処しきれません。結果病院に行くことになるのですから最初から病院で穴あけをした方がいいのです。

病院でピアスの穴あけをした方がいい理由とは?

病院でピアスの穴あけを行う画像

病院でピアスの穴あけを行うと、プロだからこそ丁寧にやってくれます。

まず上記のようなピアストラブルを起こさないように薬を処方され、アフターケアについてのやり方もきちんと教えてもらいます。

また、ピアスを開けた際に1カ月はファーストピアスを付けなくてはいけませんが、病院では金属アレルギーが起きにくいものを選んでくれます。

ピアスの穴あけに保険証は使えないため、両耳で5000円~1万円近くかかる病院があるようですが、お金で安全を購入すると思えば安いものです。

ピアストラブルと病院行うでピアスの穴あけのまとめ

  • ピアスの穴あけは自分で行うのではなく、病院で行うべき。
  • ピアスを開ける前に、ピアストラブルを知らないといけない。
  • 病院で開けることで、ピアストラブルが起きないよう対応してくれる。
  • お金で安全を購入して、病院に行き安全にピアスの穴あけを。


折角自分を輝かせるオシャレなのですから、安全第一に行いたいですよね?

読み上げ時間:約209秒/斜め読み時間:約50秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

3つのポイント『美容外科』斜め読み

美容外科イット!では、美容外科の観点から『顔を小さくする方法』や、『痩身したい』『多汗症に悩む汗の事』など、女性の美や健康を追求する為の情報を随時公開しています。10年後のあなたも変わらず美しくある為に・・・。美容外科イット!の情報で今の悩みを少しでも解消できれば幸いです。
気になるワキガケアのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます