ワキガに影響が出る食事

004 wakiga

ワキガは、脇の脱毛をしなかったり、体質だけが問題ではなく、実は食事も関係してきます。

早い話、ワキガの臭いは食事でかなり変わるのです。

まずは乳製品・そして肉類。一般的に言われているだけに、一番ワキガをキツくする原因の食品です。

また、油脂類のように、脂っこい食事…。

特に動物性脂肪はワキガを強くしてしまいます。

例でいえば、マーガリやバター。マヨネーズ・揚げ物などです。

簡単に言えば動物性脂肪の摂取によって、血中コレステロールを増やしてしまうのが、ワキガ臭を増大させる原因となってしまうのです。

また、汗をかくような食事:熱すぎるものや香りが強い香辛料もまた、臭いの原因です。

とはいっても、こういった食事から縁を切れるわけではないですよね。

豆類などの野菜や魚、果物や穀物類を中心に、油は新鮮なオリーブオイルに変えるなど食事を工夫します。

こうすることでワキガだけではなく、口臭や加齢臭などの、ほかの体臭にも効果があるのです。

食べ物だけで完全ににおいを抑えることはできませんが、原因そのものはかなり減らせます。

完全に消えないといっても、これだけでだいぶ変わるのです。

読み上げ時間:約79秒/斜め読み時間:約9秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

3つのポイント『美容外科』斜め読み

美容外科イット!では、美容外科の観点から『顔を小さくする方法』や、『痩身したい』『多汗症に悩む汗の事』など、女性の美や健康を追求する為の情報を随時公開しています。10年後のあなたも変わらず美しくある為に・・・。美容外科イット!の情報で今の悩みを少しでも解消できれば幸いです。
気になるワキガケアのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます