埋没法でのふたえまぶた(二重瞼)手術は夏休みや冬休みの長期の休暇は混雑します

biyou_0_002

二重の手術を希望するために、美容整形のカウンセリングにクリニックを訪れる方は、夏休みや冬休みなどの長期の休みになると増えていく事が多く、美容外科の医院・クリニックはこの時期は大変忙しいといわれています。

日本人の一重まぶたの人口は、全体の半分以上と言われている上に、生まれた時から、成長して自然に二重まぶたになたという人は非常に少ないのです。

ですが、二重を希望する女性は日本にとても多く、整形をしてでも二重まぶたを星と願う女性も多い世の中となったのです。その為、クリニックにくる人も、「目を二重にしたい」という依頼も増えていきます。

埋没法とは、二重まぶたを作る方法ですが、切開せず、皮膚の中に糸を数本埋め込むことで、皮膚と瞼板か筋肉を結ぶやり方です。メリットは腫れも少なく、傷も時間が経つにつれ消えていくので、短期間に通常の社会生活に戻れる事です。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

美容整形の知っておきたい!基礎知識

美容整形で失敗しないようにする為にはどうしたら良いのですか?や美容整形で失敗してしまったらどうすれば良いのですか?という質問は昨今、後を絶ちません。美容整形イット!ではその疑問をひとつひとつ紹介していく斜め読み情報サイトです。ひとくちに美容整形と言っても術式が多くあり、その全てを紹介する為、更新には時間を頂く場合もありますが末永くお付き合い下さい。
自分の体形で一番気になるパーツのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます