埋没法手術後の腫れ回避のコツ

biyou_0_008

埋没法による二重まぶたの手術には、術後の腫れが伴います。それを少しでも緩和させる為に今回は自分で行える腫れにくいコツを紹介します。

手術中に…麻酔を打つ時に目に力が入っているとまぶたが腫れたり内出血しやすくなります。ここで埋没法でまぶたが腫れないためにはリラックスをすることをオススメします。オペ室は過去に味わったことのない雰囲気に極度の緊張があり、困難に思うかもしれませんが、目元だけでもリラックス出来るように心がけて下さい。

腫れやダウンタイムを回避する方法は、手術間に目をリラックスさせたまま麻酔を打つ他にもあります。それは、術後のアフターケアにもかかっているのです。

埋没手術がおわってすぐの目元は、腫れてぷっくりとした感覚を得ることがあります。この腫れは対して問題ないのですが、針や糸を通した後に起こる炎症を抑えるために、こめかみや瞼をを軽く冷却するのがポイントなのです。ケーキなどにつく保冷剤でサイズは十分。これをカーゼなどにまいて冷やすことで、炎症や痛みを最小限に抑えることが可能となるのです。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

美容整形の知っておきたい!基礎知識

美容整形で失敗しないようにする為にはどうしたら良いのですか?や美容整形で失敗してしまったらどうすれば良いのですか?という質問は昨今、後を絶ちません。美容整形イット!ではその疑問をひとつひとつ紹介していく斜め読み情報サイトです。ひとくちに美容整形と言っても術式が多くあり、その全てを紹介する為、更新には時間を頂く場合もありますが末永くお付き合い下さい。
自分の体形で一番気になるパーツのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます