目元切開したあとの傷跡はどうなるもの?

biyouseikei_014

目の上を切開し、顔の印象を変えることになる整形手術において、最も気になることは切開した部分の「傷跡」ではないでしょうか?

ふたえまぶたの美容整形では、まつ毛に沿って切開する方法をとると、眉の縁の毛根が死んでしまうため、眉毛の脱落が生じると美容外科の医師は言っています。

その結果、傷も目立つようになってしまうのです。

目の上の傷を目立たなく切開するには、医院、クリニックの高い技術が必要とされます。


ただし、傷跡からの発毛を実現することが出来れば、傷跡は驚くほど目立たなくなっていきます。その方法を「毛包斜切断法」というのです。
アートメイク風の眉毛を整えただけに見えるので、傷があって違和感があるということはなくなるでしょう。

美容整形は、昨今では誰でも行う手術の時代です。が、医師の技術にも大きく関係しています。患者である立場としては、費用も気になるところですが、手術を行ったあとのことがとても重要だという事を念頭において情報を配信しています。

正しい知識と冷静な判断のもとに美容整形を行ってもらいたいと考えます。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

美容整形の知っておきたい!基礎知識

美容整形で失敗しないようにする為にはどうしたら良いのですか?や美容整形で失敗してしまったらどうすれば良いのですか?という質問は昨今、後を絶ちません。美容整形イット!ではその疑問をひとつひとつ紹介していく斜め読み情報サイトです。ひとくちに美容整形と言っても術式が多くあり、その全てを紹介する為、更新には時間を頂く場合もありますが末永くお付き合い下さい。
自分の体形で一番気になるパーツのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます