若い人でも起こる、まぶたが下がる眼瞼下垂(がんけんかすい)症は、手術跡も目立ちにくい。

biyouseikei_010

上のまぶたが下がってくる病、眼瞼下垂(がんけんかすい)症が原因で起こる生活障害って深刻です。これは実は年齢に関係なく発症しますし、先天的なものもあります。この悩みを持つ患者さんは手術も可能。という情報。

正常な人のまぶたは、上まぶたの奥にある筋肉が収縮し、主に年を取った人がその事が原因で上まぶたが下がってきます。医師から言わせれば、程度はさまざまであっても眼瞼下垂(がんけんかすい)症はだれでも発症する可能性があるという。軽い症状であれば、上を向いたときに自分で視界の狭さを感じる程度。その為、軽度の場合は気づいていないケースもあるという。


瞳がまぶたで隠れることによって視力低下の原因にもなるのですが、一番多い意見は、これが原因で無意識に眉毛をつり上げる事で起きる首の疲れや肩コリ。

目の手術というと恐怖心がありますが、眼瞼下垂症の手術は眼球をまったくいじる事は無い手術で、まぶたを上げる筋肉を縫い縮めるだけ。極めて安全な手術のようです。痛みも局所麻酔時に感じる程度で術後もその日に帰宅できるようです。

この手術を行うと、ふたえまぶたになりますが、手術の傷は二重まぶたのひだに隠れるため、術前に医師としっかりそのカウンセリングを行っていれば手術跡も目立たないため苦情も少ない手術のようです。

※イット!はオレンジ文字斜め読み!

あわせて読むならこんな記事

美容整形の知っておきたい!基礎知識

美容整形で失敗しないようにする為にはどうしたら良いのですか?や美容整形で失敗してしまったらどうすれば良いのですか?という質問は昨今、後を絶ちません。美容整形イット!ではその疑問をひとつひとつ紹介していく斜め読み情報サイトです。ひとくちに美容整形と言っても術式が多くあり、その全てを紹介する為、更新には時間を頂く場合もありますが末永くお付き合い下さい。
自分の体形で一番気になるパーツのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます