脂肪吸引をする前にちょっと知りたい知識、そもそも脂肪吸引について理解してる?

ダイエットが成功した画像

脂肪吸引に関して大人女子が考えがちなこととは?

脂肪吸引と聞くと「興味はあるけれど怖そう…」というのが大人女子の意見だと思います。

脂肪吸引=怖いものと認識されがちですが、脂肪吸引は多くのメリットを持っています。

脂肪吸引というのは美容整形というよりは医療行為とされており、今では安全性を損ねぬように一度の施術で取れる脂肪の量も決まっています。

とはいっても、脂肪吸引については注意をしてほしいこともあるため、そこも同時に説明いたします。

今の脂肪吸引って、一体どうなっているの?

脂肪吸引をしたい女性の画像

脂肪吸引では、脂肪が増える原因である脂肪細胞ごと取り除きます。
つまり脂肪が増える原因そのものを取り除くため半永久的に痩身効果を得ることができます。

リバウンドの心配もなく、圧倒的な効果を手に入れることができます。
また脂肪吸引は今様々な医療機器が出ており、効果面や安全面も高くなっています。

例えばベイザー波による振動で、体への負担を抑えるベイザー脂肪吸引。

大きな効果を出すために、レーザーを当てることで脂肪を溶かし脂肪吸引を行うレーザースタイリングなど最新技術が出続けているのです。

しかし、脂肪吸引の失敗例として、皮膚がでこぼことしてしまう。
使用する機器によってはやけどという問題もまだあることは否定できません。

また、脂肪吸引が摂れるのは皮下脂肪まで。
内臓脂肪を除去したいと考えている方には向いていない施術となります。

そして一番知っておいてほしいのは、あくまで脂肪吸引は痩身術であるということ。
あくまで体を細くするだけです。

脂肪自体は軽いため、脂肪除去をしたところで体重が激減するわけではありません。

部分痩せをしたいけれど、何処を痩せられる?

部分痩せがしたい女性の画像

脂肪吸引はほとんどの部位を痩せさせることが可能なため、部分痩せをすることができます。

ダイエットにありがちな「お腹痩せを達成することができたのに、胸まで痩せてしまった…!」なんてことがありません。

足を細くしたい方ならふくらはぎを、女性らしいくびれが欲しいという方ならウエストを。

お尻が大きいのがコンプレックスな方ならお尻を、二重顎(あご)を解消したいという方なら顎(あご)が施術できます。

施術箇所関係なく、基本的にダウンタイムは1か月前後となります。

その間は痛みがあったりしますが、痛み止めを処方されるはずなのできちんと飲めば痛みを和らげることができます。

それぞれの部位を脂肪吸引することでどうなるのかは、細かく説明させていただきます。

脂肪吸引施術のちょっとした知識まとめ

  • 脂肪吸引とは医療行為。
  • 脂肪吸引は皮膚がでこぼこになったり、やけどをする可能性がある。
  • 脂肪吸引は皮下脂肪は除去できるが内臓脂肪は除去できない。
  • 脂肪吸引は基本的にどこの部位も施術が可能。


脂肪吸引は今、いろんな機器でいろんな部位での施術が可能です。。

読み上げ時間:約209秒/斜め読み時間:約50秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

美容整形の知っておきたい!基礎知識

美容整形で失敗しないようにする為にはどうしたら良いのですか?や美容整形で失敗してしまったらどうすれば良いのですか?という質問は昨今、後を絶ちません。美容整形イット!ではその疑問をひとつひとつ紹介していく斜め読み情報サイトです。ひとくちに美容整形と言っても術式が多くあり、その全てを紹介する為、更新には時間を頂く場合もありますが末永くお付き合い下さい。
自分の体形で一番気になるパーツのアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます