バストに聞くプッシュアップトレーニングの方法

basuto_0_012

バストを支えている筋肉は「大胸筋」という筋肉です。ここを鍛えてあげることによって、筋肉が脂肪を支え、胸を積んと高い位置に保たせてくれます。また、運動をして汗を流すことで、肌の張りも出てくるのです。

そしてこの大胸筋を鍛えるのに有効なトレーニングこそ「プッシュアップ(腕立て伏せ)」というものです。

プッシュアップは、うつぶせの状態になり、両手の感覚を肩幅くらいまで広げ、胸と水平の位置に置きます。

そして、息を吸いながら、肘を曲げて状態をおろし、息を吐きながら床を押すように状態を持ちあげていくだけです。

これを10回1セットを休憩を組み込みながら4セットしていくことで、筋肉は発達し、胸の脂肪を持ちあげてくれるのです。

もし状態が持ちあがらなければ膝をついた状態で行い、無理をしすぎない程度にトレーニングをしていきましょう。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

バストアップの知っておきたい!基礎知識

理想的なバストアップを考え、あなたが豊胸手術を行う前にまず一番の不安や基礎知識などを紹介しています。バストアップに関する事は手術だけではなく、普段のストレッチや最近話題の筋トレ、エキササイズで綺麗なバストを手に入れる情報も同じく公開しています。特に美容外科による豊胸手術では手術までの流れや、術式の種類など、アナタに合ったアドバイスになれば幸いです。もちろん費用の事も丁寧に公開していきたいと考えてイット!バストサイトを運営します。その他乳首に関するさまざまな悩みやその解決方法も随時紹介します。末永くお付き合い下さい。
豊胸手術で重視する点のアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます