やせると貧乳、太ると巨乳は何故?

basuto_0_023

バスト(乳房)というのは、基本的に乳腺と脂肪で構成されています。その為、胸の中の脂肪が増えれば、自然とバストは大きくなるというメカニズムだと思っている女性は多いようです。

しかし、実はダイエットをしても脂肪細胞の数は変わらないのです。

ダイエットによってバストが小さくなるのは、成人に250億から300億個あると言われている脂肪細胞の大きさが変わるだけなのです。

つまり、ダイエットによってバストダウンしてしまうのは、脂肪細胞が縮小するためなのです。

もちろん、ダイエットをやめて反対に太ることによって、脂肪細胞は大きくなり、バストサイズも上がっていくという仕組みとなります。が、余計な脂肪まで身体についてしまうため、結局どうしよう・・・となるのです。

体型に左右されるバストに悩むことはナンセンスだとも言われます。普段の姿勢や、筋トレで大胸筋などのエクササイズでも行ってみませんか?

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

バストアップの知っておきたい!基礎知識

理想的なバストアップを考え、あなたが豊胸手術を行う前にまず一番の不安や基礎知識などを紹介しています。バストアップに関する事は手術だけではなく、普段のストレッチや最近話題の筋トレ、エキササイズで綺麗なバストを手に入れる情報も同じく公開しています。特に美容外科による豊胸手術では手術までの流れや、術式の種類など、アナタに合ったアドバイスになれば幸いです。もちろん費用の事も丁寧に公開していきたいと考えてイット!バストサイトを運営します。その他乳首に関するさまざまな悩みやその解決方法も随時紹介します。末永くお付き合い下さい。
豊胸手術で重視する点のアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます