陥没乳頭の治療法とは

basuto_0_027

陥没した乳頭は、自分でマッサージで治す方法と、美容外科の手術で治す方法と、2種類のお話をします。

まず、自分でマッサージしてみる方法はですが、真性陥没乳頭は、簡単には出てこない場合がほとんどです。無理に引っ張り出そうとはせずに、爪などで乳首を傷つけないようやさしく行って下さい。

乳頭マッサージで治す方法

片方の手で乳房を支えます。次に片方の手の親指・人指し指・中指で乳首をつまみます。人差し指と親指で乳首をつまみ、3秒、乳首が硬い場合は5~10秒かけて上下に少しづつ圧を加えます。

最初はゆっくり、乳輪部から乳首にかけて位置や方向を変えながら1分ほど圧迫します。乳首の硬い人や過敏な人は2~3分かけて行って下さい。

人差し指と親指で乳首をつまみ、先端をクルクル小さくつまみ出すように。横方向、縦方向も同じように行います。最初はやさしく痛くないように、時間をかけてしっかりマッサージします。刺激で痛い方は、まず圧迫刺激に慣れるところから始めましょう。

美容外科で手術を行う場合

陥没乳頭を手術する場合は、乳首の陥没の度合いによって切開の方法などが変わってきます。

仮性乳頭陥没であれば、乳頭の左右を五ミリほど切開し持ちあげる「牽引法(けんいんほう)」によって、乳管を傷つけずにすることが可能です。術後1週間で抜糸すれば無事に完了です。

一方真性乳頭陥没の場合は、乳首の周囲をZ型に切開して乳頭をひきだし、陥没を防ぐために乳首が出た状態で器具を固定。そこから皮膚を癒着させ、10日後に抜糸をして完了となります。

どちらの手術法も乳管を傷つけないので、授乳などの影響も特別起きることはないのです。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

バストアップの知っておきたい!基礎知識

理想的なバストアップを考え、あなたが豊胸手術を行う前にまず一番の不安や基礎知識などを紹介しています。バストアップに関する事は手術だけではなく、普段のストレッチや最近話題の筋トレ、エキササイズで綺麗なバストを手に入れる情報も同じく公開しています。特に美容外科による豊胸手術では手術までの流れや、術式の種類など、アナタに合ったアドバイスになれば幸いです。もちろん費用の事も丁寧に公開していきたいと考えてイット!バストサイトを運営します。その他乳首に関するさまざまな悩みやその解決方法も随時紹介します。末永くお付き合い下さい。
豊胸手術で重視する点のアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます