日帰りプチ豊胸手術の脂肪注入

basuto_0_019

豊胸手術の手法の一つに、身体にある余分な脂肪を吸引し、胸に生着させていく「脂肪注入」という方法があります。

腹部や臀部、腰、太ももにある自分の脂肪を吸引管(カニューレ)で吸引し、この細胞を豊胸に必要な場所にしこりを作らないように少しずつ注入していき、脂肪を定着させてバストアップさせるものです。

脂肪の吸引量や注入量によって手術時間は異なってきますが、吸引に1時間、注入に30分、麻酔処置に20分が平均的にかかるようです。

また、日帰り可能の手術となりますが、術後の経過をクリニックで観察してもらうことで、満足の行く手術となるでしょう。

脂肪注入や脂肪吸引の手術はドクターの経験値やカウンセリング力が大きく関わってきます。初診からそのことを充分考えて医院、クリニックをえらんでください。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

バストアップの知っておきたい!基礎知識

理想的なバストアップを考え、あなたが豊胸手術を行う前にまず一番の不安や基礎知識などを紹介しています。バストアップに関する事は手術だけではなく、普段のストレッチや最近話題の筋トレ、エキササイズで綺麗なバストを手に入れる情報も同じく公開しています。特に美容外科による豊胸手術では手術までの流れや、術式の種類など、アナタに合ったアドバイスになれば幸いです。もちろん費用の事も丁寧に公開していきたいと考えてイット!バストサイトを運営します。その他乳首に関するさまざまな悩みやその解決方法も随時紹介します。末永くお付き合い下さい。
豊胸手術で重視する点のアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます