インプラント豊胸手術「バッグ」の特徴とその方法

basuto_0_004

豊胸手術の方法の一種にあるインプラント手術とは、身体に影響を起こさない「バッグ」という人口乳腺を挿入してバストアップさせる方法です。

入れるところは腋の下を切開し、大胸筋膜と大胸筋の間にバッグを入れる「大胸筋下法」と、バストの下を切開し、乳腺と大胸筋の間に入れる「乳腺下法」があります。

大胸筋は脂肪が少ない人に向いていて、乳腺下はバストが下垂してしまった人の修正に有効です。

また、バッグにも種類があり、粘土の高いシリコンジェルを用いた「コヒーシブシリコン」や、生理食塩水が入ったバッグをがあります。


生理食塩水が豊胸手術に選ばれる訳は、元来体液の成分に非常に近い組成の成分です。点滴や麻酔液の希釈に使われています。美容外科の医院やクリニックでは特に、シリコンジェルに代わる豊胸術に用いるバッグの内容液として使われている物です。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

バストアップの知っておきたい!基礎知識

理想的なバストアップを考え、あなたが豊胸手術を行う前にまず一番の不安や基礎知識などを紹介しています。バストアップに関する事は手術だけではなく、普段のストレッチや最近話題の筋トレ、エキササイズで綺麗なバストを手に入れる情報も同じく公開しています。特に美容外科による豊胸手術では手術までの流れや、術式の種類など、アナタに合ったアドバイスになれば幸いです。もちろん費用の事も丁寧に公開していきたいと考えてイット!バストサイトを運営します。その他乳首に関するさまざまな悩みやその解決方法も随時紹介します。末永くお付き合い下さい。
豊胸手術で重視する点のアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます