ヒアルロン酸による豊胸手術のメリット・デメリットを充分理解し行って下さい

basuto_014

手軽に出来る上に、それほど高額にならないヒアルロン酸による豊胸手術は、アレルギー反応を起こすこともなかったり、短時間に終わり、分割して注入したりなどして、好きな形に整えることが出来るなどのメリットがあります。

ですが、にもデメリットが存在するのです。時間と共に体内に吸収されてしまううえ、大きなバストアップは期待できません。だからといって大量に注入してしまうと硬くなってしまったりしこりが生まれてしまうのです。人によっては痛みが出たり、熱を発することもあります。プチ豊胸と言われているものの、気をつけなくてはならないことが患者にもドクターにもあるヒアルロン酸による豊胸手術なのです。

中でも一番よく聞くヒアルロン酸による豊胸手術のデメリットは、胸への注入後、胸が硬くなることがあるという事。もちろん個人差はありますが、豊胸に使われるヒアルロン酸は実は結構硬い物質だという点。効果期間の短さから、意図的に粒子を大きくして硬くすることが原因のようです。注入するヒアルロン酸粒子が大きくなればそれに比例して硬さも増し、効果継続期間を長く保つ狙いがあるからだといわれています。

長期間の効果継続を期待するためには硬い胸を我慢しなければならない事は充分考えた上でヒアルロン酸による豊胸手術を行って下さい。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

バストアップの知っておきたい!基礎知識

理想的なバストアップを考え、あなたが豊胸手術を行う前にまず一番の不安や基礎知識などを紹介しています。バストアップに関する事は手術だけではなく、普段のストレッチや最近話題の筋トレ、エキササイズで綺麗なバストを手に入れる情報も同じく公開しています。特に美容外科による豊胸手術では手術までの流れや、術式の種類など、アナタに合ったアドバイスになれば幸いです。もちろん費用の事も丁寧に公開していきたいと考えてイット!バストサイトを運営します。その他乳首に関するさまざまな悩みやその解決方法も随時紹介します。末永くお付き合い下さい。
豊胸手術で重視する点のアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます