ホルモン剤であるピルとバストアップの関係

basuto_0_020

一般的に避妊のために扱われる低用量ピルを服用することは、実はホルモン剤を投与していることなのです。

エストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンであるこの2つのホルモンが女性の身体には大変重要。

そしてこれが、女性の身体を妊娠の状態にしない為にしているのです。
低用量ピルには女性らしくするホルモンが含まれているため、美容目的で用いられることもあります。

つまり、バストアップにも有効なのです。

バストアップさせるためには、エストロゲンとプロゲステロンの影響により、乳腺を発達させる必要があるのです。

ですがピルには、二つのホルモンがバランス良く配合されているため、劇的なバストアップが望めるわけではありません。

だからといって中容量や高用量のピルを使うと副作用のリスクも大きくなってしまう恐れがあるのでオススメはしません。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

バストアップの知っておきたい!基礎知識

理想的なバストアップを考え、あなたが豊胸手術を行う前にまず一番の不安や基礎知識などを紹介しています。バストアップに関する事は手術だけではなく、普段のストレッチや最近話題の筋トレ、エキササイズで綺麗なバストを手に入れる情報も同じく公開しています。特に美容外科による豊胸手術では手術までの流れや、術式の種類など、アナタに合ったアドバイスになれば幸いです。もちろん費用の事も丁寧に公開していきたいと考えてイット!バストサイトを運営します。その他乳首に関するさまざまな悩みやその解決方法も随時紹介します。末永くお付き合い下さい。
豊胸手術で重視する点のアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます