バストサイズの正しい測り方とは?バストサイズのセルフチェック法

バストサイズを正しく測る量り方とは?バストサイズの早見表もチェック

バストサイズを正しく測る測り方とは?

ヒップの形とバストサイズは、大人女子達にとっては良い女の条件の1つでもありますよね?バストアップのためには、正しいバストサイズのブラジャーを付ける必要があります。ブラジャーは他の洋服に比べてサイズが事細かく決まっており、きちんと身体にフィットするものを選ばなくてはバストの形が崩れてしまったりバストサイズが小さくなってしまいます。

その為にブラジャーを新しく購入する際はバストサイズを事前に測り、なおかつ試着を行ってから購入することが大切となります。けれどお店の方に測ってもらうのって結構恥ずかしかったりする方も少なくないようです。それに実は自分が付けているブラジャーはサイズが合っていなかったりする可能性もあるのだとか!

毎日つけるブラジャーであるからこそ、正しいサイズの測り方を付けておくことでバストアップに貢献できるブラを探すことができるようになります!

参照:豊胸・バストの美容整形について(エイジングセミナー)

バストサイズのセルフチェック前に知りたいバストサイズの早見表

バストサイズの早見表

さて、バストサイズを測る際に大切なのが、トップとアンダーの位置。トップとは乳頭の位置でありバストの中でも最も高い位置といえます。そしてアンダーとはバストの根元の位置でありふくらみの真下を指すようです。このトップとアンダーの差がいくらあるかによって、バストサイズが変わってきます。例えばトップのサイズが80cmでアンダーのサイズが65cmの場合、トップとアンダーの差は15cmとなるためバストサイズはCカップとなるわけです。
ランジェリーショップに行けば、アンダーバストは65cmから売られていて70cm・75cm・80cmと5cmで細かくサイズが分かれています。このアンダーとトップの差が一体どれくらいあるかによって、バストサイズが何カップになるのかというのが細かく決まってくるようです。実際はどうなっているのかについては、下記のようになるようです。

カップ(アンダーとトップの差) アンダー
62.5~67.5cm 67.5~72.5cm 72.5~77.5cm 77.5~82.5cm 82.5~87.5cm
Aカップ(約10cm) A65 A70 A75 A80 A85
Bカップ(約12.5cm) B65 B70 B75 B80 B85
Cカップ(約15cm) C65 C70 C75 C80 C85
Dカップ(約17.5cm) D65 D70 D75 D80 D85
Eカップ(約20cm) E65 E70 E75 E80 E85
Fカップ(約22.5cm) F65 F70 F75 F80 F85

早見表は大体このようになります。アンダーサイズが5cmずつ用意されていますが、必ず5cmずつサイズが変わるわけでもありませんから、大体の目安がこれくらいなのだと考えていただけるといいのかもしれません。それにブラジャーのホックって3段階用意されていますから、キツさを自由に調節できるようになっています。多少の誤差は大丈夫という訳の様です。多少のキツさや緩さはまだ大丈夫な範囲といえそうです。

参照:水着の選び方について(chowder)

バストサイズのセルフチェック方法について

バストサイズのセルフチェック

さて、バストサイズを測る際にランジェリーショップでは洋服を着たままバストサイズを測るところが多いですよね?これはどんな季節でも同じで、冬でも分厚い服を着た上から測るところだってありますからこれではアンダーサイズが変わったりバストサイズがうまく測れていないのでは?思ったことがあるかもしれません。実はランジェリーショップやメーカーによっても採寸方法が変わってくるようです。
実はバストサイズの測り方は2通りあり、その2つのバストサイズの測り方について調べさせていただきました。

トップの測り方その1:ブラジャーを付けたままバストサイズを測る。

これはランジェリーショップで最も多いタイプの測り方。裸になるのではなく、服を着たまま採寸を行います。バストサイズがとても大きい方やバストが垂れ下がり始めている方はこちらの測り方のほうが正確性が出やすいようです。
バストサイズが大きいという方や垂れ下がっている方の場合、こちらのやり方の方がトップがしっかりと正しい位置に来ることができるようになるようです。ただ、この際はパッドが薄いものを着用することでバストサイズを正しく測ることができるようになるようです。
ただ一番望ましいのはパッドが入っていない状態のブラジャー。これを付けていることでより正確性が出るようになるようです。そしてメジャーで測る際はキツく締め付けすぎないようにし、気持ち緩めでトップサイズを測る様にします。

トップの測り方その2:腰を90度にまげて測る。

こちらはバストサイズが大きすぎない方や垂れ下がっていない方の場合に正確性が出やすいバストの測り方となるようです。実は立ったままバストサイズを測る際、重力に引っ張られて実際のバストより小さくなってしまうからなのだとか。
身体を90度に折り曲げて、トップを締め付けすぎないように測ります。数センチの単位で変わることもあるようですから、サイズも大きく変わってくるようです。

アンダーの測り方

続いて、アンダーバストの測り方について説明を致します。アンダーを測り際は、まず足を閉じしっかり背筋を伸ばして立ちます。この際に大切なのが身体に力を入れすぎないこと。パッドを外したブラジャーを付けていればバストを持ち上げた状態となり、うまく測ることができるようになるようです。ふくらみの真下にメジャーを付けて、バストにきちんと水平にメジャーが巻き付けられているのかを確認します。鏡などで確認することで背中にも水平になっているかどうかを確認することができるようです。そしてアンダーを締め付けすぎず、自然体で測ります。

こうしてトップとアンダーのサイズを測り、トップとアンダーの差がより近いカップがあなたのバストサイズとなるようです。

セルフチェックで行うバストサイズの正しい測り方

  • バストアップのためには、正しいバストサイズのブラジャーを付ける必要がある。
  • バストサイズを測る際に大切なのが、トップとアンダーの位置。
  • バストサイズによっては、ブラジャーを付けたまま測る方法や身体をまげて測る方法もある。
  • トップとアンダーの差がより近いカップがあなたのバストサイズとなる。


いかがでしょうか?バストサイズによっては正しいバストサイズの測り方は変わってくるようです。バストサイズはセルフチェックでも調べることができますから、知っておくとバストアップに役立ちます!

読み上げ時間:約373秒/斜め読み時間:約44秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

バストアップの知っておきたい!基礎知識

理想的なバストアップを考え、あなたが豊胸手術を行う前にまず一番の不安や基礎知識などを紹介しています。バストアップに関する事は手術だけではなく、普段のストレッチや最近話題の筋トレ、エキササイズで綺麗なバストを手に入れる情報も同じく公開しています。特に美容外科による豊胸手術では手術までの流れや、術式の種類など、アナタに合ったアドバイスになれば幸いです。もちろん費用の事も丁寧に公開していきたいと考えてイット!バストサイトを運営します。その他乳首に関するさまざまな悩みやその解決方法も随時紹介します。末永くお付き合い下さい。
豊胸手術で重視する点のアンケートは美容セミナー口コミモールでご覧になれます